製品概要製品機能動作環境

Home>製品情報>autoMap> 製品機能

電子トポロジー管理で業務効率を大幅向上!

主な機能
Microsoft Office Visio でのトポロジーマップを自動的に生成
autoMapは、Visio内に直接トポロジー構成図を自動作成し、あらゆるITネットワークを視覚化します。VisioはMicrosoft Office シリーズの主要製品として、エンドユーザの多くが既にインストールしている為、 autoMapとの連携は簡単です。「視覚化」はネットワークのサポートと設計を成功に導く鍵でもあります。



ネットワークプロトコルで管理されているデバイスだけでなく、ノンインテリスイッチ等の管理外のデバイスも検知
エージェントレスなソリューションであるautoMapは、ネットワーク上のデバイスとプロセスから直接入手できる情報を利用します。Codima Discovery Engineによる検出は、設置されている(プロトコル管理されているものだけでなく、ノンインテリスイッチ等管理外製品も含む)全てのデバイスを特定し、報告します。また、WindowsとLinuxの両方のプラットフォームを特定し、レポートを作成します。

■ ドリルダウン機能 - Visio画面がユーザインターフェイス



■ パス・セレクタ - 任意の機器間の接続経路を表示



■ データベース情報の検索と表示 - 検索機能又は、ハイライトにより機器や接続経路などのデータベース情報を表示



ネットワーク資産の変更履歴により、前回の検出からのトポロジーとIT資産の変更をハイライト
ネットワーク資産の変更履歴は、前回の検出と比較され、ネットワーク上で発生した変更を自動的にハイライトさせ、IT資産の管理をより簡単にするだけではなく、管理上不明なIT資産を特定する事は、セキュリティ管理の強化にもなります。またautoMapは、 Microsoft Office Visio 2007 Connectorと統合され、Microsoft Baseline Security AnalyzerによるセキュリティレベルをVisio上で表示します。





Webページにトポロジーマップを発行し、詳細な資産情報を共有
トポロジーマップの作成とそれに付随する情報を、WebサーバーにHTMLとして保存し、共有Webページに掲載することで、複雑な情報を関係者と共有したり、簡単に提示する事ができます。予算管理、意思決定、状況分析等の管理業務を効率的にサポートします。



ソフトウェアのインストール監視能力
各機器にインストールされている商用ソフトウェアのバージョンとライセンス内容を追跡し、効率よく一括管理するだけではなく、セキュリティ管理の強化にもなります。



オプションの Multi Site Schedulerを追加することで複数サイトの自動検出を実行
autoMap Multi Site Scheduler(マルチサイトスケジューラ) を付加することで、ネットワーク管理者は、リモートから検知スケジュールを設定することができ、複数のサイトに跨る検出を自動化することができます。企業組織は、異なる場所にある複数のネットワーク資産を定期的に特定し、ネットワークのトポロジーマップを自動的に生成することで、常に最新の情報を保持することができます。
拡張機能
autoMapはスタンドアロンでも、「Codima Toolbox」の他のツールと組み合わせても使用可能
マルチサイトスケジューラの追加
VoIPの監視とトラブルシュート機能の追加
エンジニア用のポータブルなVoIPツールキットの追加
ITプロフェッショナル用のネットワーク・ツールキットの追加
ネットワーク上のPing機能をVisioで可視化

製品概要製品機能動作環境




Copyright © Eastern General Techno Co.,Ltd. All Rights Reserved.